コワくないオカルト小説、二本立てで連載中!! 気になるお笑い芸人のオハナシも、地味に暴走しているよ!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「鎌ァ~!? またベタなこと言うねキミは!!」

 水野サンは爆笑しながら、ゴソゴソとツナギの胸ポケットを探り、何かを俺に放って寄こした。

「それ、人に見せちゃ、ダメだからね」

 それは、小さく折りたたんだ、紙だった。
 俺は少し緊張しながら、ゆっくりと開いてみる。
 話の流れからすると、中には『実務内容』が書いてあるに違いない。早く見たいような、もうちょっと先に延ばしたいような……何だか通信簿を貰った時のガキのような心境だ。

 しかし、そんな懐かしい気持ちも、例によって、水野サンにブチ壊された。

「ボクらの仕事はねぇ、簡単に言うと……まぁ、廃品回収かなぁ?」
廃品回収!?」
「うん。そんで、まだ使えるものは、リサイクルに回す」
リサイクル!?」

 水野サンの生々しい言い草に、俺は動揺を隠し切れなかった。

「おい!! もっとマシなメタファーはないのか!?」

 思わず、タメ口で突っ込んだ。
 しかし、水野サンは、気にしない。

「トーマ、あと少しで、最初の回収先に着くからね~」
「……はぁ……回収先……」

 生々しいメタファーの数々に、俺は何となく、この仕事がどういうものか、見えてきた。会社の名前(中有運送)とか制服(ツナギ)で、うすうす気づいてはいたが……要するに、肉体労働だ。

「とりあえず、そのメモに手順まとめたからさぁ、着くまで読んでてよ!」
「……はぁ……そうっすね……」

 何だか急に、親父のことを思い出してしまった。
 まだ俺がガキの頃、酔っ払った親父が、こんな話をしていたのだ。

『俺は確かに好きな仕事に就いたけど、未だにどうも、思ってたのと違うんだよなぁ……』

 あの頃は、何贅沢言ってんだよ、と思っていたが、今なら親父の気持ちがよく分かる。

 ……まぁ、割り切ってやるしかねぇよな。仕事って、そういうもんなんだろ?

 俺は心の中で今さら親父に答えながら、水野メモをガッツリ開いた。

 ここに何が書かれていようと、俺はもう、驚きはしない。ここに来て何より実感したのは、現実は往々にしてイメージを裏切るもの、ということなのだ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
CAD実務キャリア認定制度
CAD実務キャリア認定制度とは、コンピュータキャリア教育振興会が主催している資格試験 http://kind.wglorenzetti.com/
2008/10/25(土) 21:30 | URL | #-[ 編集]
腕時計ランキング
腕時計の検索サイト。人気、ランキング、ブランド、レディース、メンズなど腕時計に関する各種情報をお届けしています。 http://handicap.stuartmembery.com/
2008/08/25(月) 20:17 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ragelabel.blog47.fc2.com/tb.php/9-d9c660e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。