コワくないオカルト小説、二本立てで連載中!! 気になるお笑い芸人のオハナシも、地味に暴走しているよ!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「いたぁ、カイ~!!」
 やっと二人が現れた頃、海は噴水近くのベンチで、ウトウトしかけていた。顔を上げると、緋芽が慌てて陸の背中から降りるのが見えた。

「……もう、オマエ足速すぎだって……」
 陸は息を切らしながら、海の隣にヘナヘナと座り込んだ。
 一方、緋芽は何事もなかったかのような顔をして、噴水に手を伸ばしたり、渦巻状の石畳を爪先立ちでたどったり。疲れた様子は全くない。
「……なぁ、なんでオレが、ヒメちゃんの面倒見なきゃなんないの?」
 どうやら陸は、あの小道のほとんどを、緋芽をおぶって来たようだ。もう走れないだの足が痛いだのブチブチうるさいから、仕方なく。
「……なんかさ、お姫様の馬になった気分だったよ……」
 もう動きたくない……そう訴えるかのように、ぐったり背中を丸めたが。
「ねぇ~、まだ先があるみたいだよ!!」
 一体何を見つけたのか、声を弾ませながら走り出す緋芽を、陸は慌てて追いかけた。
「ヒメちゃん!! ダメだよ一人で行っちゃ!!」
 何だかんだ言いながら、陸は誰かの面倒を見るのが好きなのだ。お兄ちゃん気分を味わいたいのかもしれない。
「なにボーっとしてんの、お兄ちゃん!?」
「置いてっちゃうよ~!!」
 広場に来た道とは反対側の、白い石柱のそばで、緋芽と陸が手招きしてる。
 今度はオレが追いかける番か……海はアクビをしながら、ゆっくり立ち上がった。

「……すげえ。何これ……」
 白い石柱のそばで、海は思わず、立ち止まった。
 そこから先は、緩やかな階段と蛇行するスロープが、不思議な段差を作りながら下の広場へと導いていた。
 広場には、チューリップの花壇があった。とても大きな花壇だ。真ん中に日時計がある丸い花壇を、五つの三角形が囲むように配置されて、上からは星か花の形に見えた。

 大人になったら、花壇を作る人も、いいかもしれない。またそんなことを考えながら、スロープの段差を選んでピョンピョン降りて行った。

「なぁリク~、チューリップって、いつ咲くんだっけ?」
「知らないけど、もう咲きかけてんじゃん」
 チューリップはまだほとんどが蕾だったが、所々にポツポツと、開きかけの花もあった。赤や黄色、白、ピンク……花の色が透けるほど、ふっくらした蕾もある。中にはきっと、二色の花もあるだろう。
「結構、色んな色があるんだな」 
「な。試しに、何色あるか、数えてみようか」
 陸は花壇の前にしゃがんで、まだ固い黄緑色の蕾をほぐそうとしたが。
「お花がカワイソウでしょ」
 その手をピシャッと緋芽に叩かれ、すぐに諦めた。

「……たぶんここが、公園のはじっこなんだよな」
 この場所は、階段以外は全部、周りを低い垣根で囲まれていた。
 少し戻って別の道を行けば、また違う場所があるんだろうけど。ダンジョンゲームじゃねぇんだし……海はここを、『公園のはじっこ』に決めることにした。
「隣には何があるんだろう?」
 ここで公園が終わることを確認するために、海は垣根の向こう側を覗いた。
「……ちょっと、リク、ヒメ!!」
 早く来てみろよ、海は垣根に身を乗り出したまま、手招きをする。

 垣根の向こう側は、ここより1メートルほど低い、空き地だった。
 そこには、大きな桜の木が、一本だけ立っていた。
 そして、その桜の木の傍らに、叔父のタスクが立っていた。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ragelabel.blog47.fc2.com/tb.php/64-2260f49c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。